特別授業

JICAのシニアボランティアとして、パラグアイ全国の日本語学校等でご活躍されている猿渡先生にご来校いただき、特別授業「いのちをいただく」を行なっていただきました。私たちが普段何気なく使っている「いただきます」にはどのような意味があるのか、絵本の読み聞かせを通して、小さな子供たちにも分かりやすく授業をしてくださいました。さっそく今日のお弁当の時間には「今日は何の命をいただいてる?」などと話題になっていました。猿渡先生、ご多用の中ありがとうございました。

広告