漢字、計算チャレンジ週間

アスンシオン日本人学校では基礎学力の徹底を図るために様々な取組を行っています。今週はそのうちの一つ、漢字、計算チャレンジ週間となっています。該当学年の前期までに習った漢字、計算についてのテストに全児童生徒が挑戦します。合格点は90点。なかなか厳しい基準ですが、見直しを何度もするなど、子どもたちも満点目指してがんばっています。合格できるまで再テストを行います。さて、みんなの結果はどうだったかな?

広告

学習発表会に向けて

今日の朝の時間は学習発表会のオープニングの練習をしました。各学級で練習が進んでいますが、やはりみんなでステージに立つと緊張感が高まります。学習発表会まであと2週間を切りました。それぞれが学習の成果を存分にはっきできますように。

朝会スピーチ

今週の全校朝会は小学2年生のSさんが担当しました。もうすぐ日本人学校とお別れすることが決まったSさんは約一年間の日本人学校での生活で思い出に残ったことを話しました。泳げるようになったこと、みんなで移動教室に行ったこと…。最後には優しく接してくれたみんなへの感謝の言葉もありました。残り少なくなった日本人学校での生活を存分に楽しんでほしいと思います。

 

学習発表会に向けて

学習発表会の展示発表に向けて展示パネルの準備を全員で行いました。各教科で学習したことをそれぞれまとめ、展示する予定です。人数が少ないアスンシオン日本人学校では小学校低学年の児童もたくさんお仕事があります。今日も小さな体をいっぱいに使ってみんなのためにお仕事をしてくれました。こうした作業を通して、14名の一体感が高まってきています。

展示するための学習のまとめも各教科で進んでいます。

中学部 実力テスト

今週は中学部の生徒が実力テストに取り組みました。中学部では中間、期末の定期考査の他に年間5回、「実力テスト」を行っています。普段は少人数での授業となりますので比較対象がいませんが、このテストで日本の中学生との相対的な比較ができます。「自分はどこが理解できていて、どこができていないのか」「日本の中学生と比べるとどうなのか」を意識しながら、一回一回のテストに真剣に取り組み、確実な学力の定着を目指しています。

読み聞かせ

今日の朝読書の時間は、学校ボランティアの方に読み聞かせに来ていただきました。読んでいただいたのは、「わすれられないおくりもの」という、以前は小学校の国語の教科書にも掲載されていたお話しです。子どもたちからは「今まで読んだお話の中で一番悲しいお話しでした」「わたしもみんなに何かを残せるようにしたい」などの感想が聞かれました。朝からしっとりとした時間が流れました。お忙しい中、どうもありがとうございました。

アスセナの時間

今朝の集会の時間は「アスセナ」でした。アスセナの時間は子ども達が自主的に課題に取り組んだり、遊んだりする時間です。今日は各学年、学習発表会で披露する学年毎の発表の練習を進めていました。発表会本番まであと2週間と少し。声を掛け合って練習を進めていきましょう。

中学部1年 理科

中学部1年生が理科の実験を行っていました。多方面からのご支援により、日本の中学校と変わらぬ実験器具が揃っています。少人数ですので、実験を必ず自分の手で行うことができ、もちろん個別に先生に教えてもらうことができます。少人数の学校の大きな強みです。

朝会スピーチ

今週の朝会スピーチは小学部2年生のKさんが担当しました。Kさんは家族で旅行したディズニーワールドで楽しかったことを話しました。講評の先生からは、前回のスピーチの映像と見比べて「伝えよう」という気持ちがとても良く伝わってくる、大きな成長を感じました、と褒められました。人前で話す経験をどんどん積み重ね、さらに頼もしく成長してほしいです。

ダンサの練習

金曜日はダンサの先生がいらっしゃらない日ですので、一週間で教えていただいたことを自分たちでおさらいしています。男女がペアで踊るパレハ、男子の踊りの振り付けは一通り完成しました。これから細部の完成度を高めていきます。女子は今年は「ダンサ・デ・ラ・ボテージャ」(ボトルを頭にのせての踊り)に挑戦します。普段から体の軸をしっかりと立てて動くことを意識しましょう。