漢字、計算チャレンジ週間

アスンシオン日本人学校では基礎学力の徹底を図るために様々な取組を行っています。今週はそのうちの一つ、漢字、計算チャレンジ週間となっています。該当学年の前期までに習った漢字、計算についてのテストに全児童生徒が挑戦します。合格点は90点。なかなか厳しい基準ですが、見直しを何度もするなど、子どもたちも満点目指してがんばっています。合格できるまで再テストを行います。さて、みんなの結果はどうだったかな?

広告

中学部 実力テスト

今週は中学部の生徒が実力テストに取り組みました。中学部では中間、期末の定期考査の他に年間5回、「実力テスト」を行っています。普段は少人数での授業となりますので比較対象がいませんが、このテストで日本の中学生との相対的な比較ができます。「自分はどこが理解できていて、どこができていないのか」「日本の中学生と比べるとどうなのか」を意識しながら、一回一回のテストに真剣に取り組み、確実な学力の定着を目指しています。

中学部1年 理科

中学部1年生が理科の実験を行っていました。多方面からのご支援により、日本の中学校と変わらぬ実験器具が揃っています。少人数ですので、実験を必ず自分の手で行うことができ、もちろん個別に先生に教えてもらうことができます。少人数の学校の大きな強みです。

ダンサの練習

金曜日はダンサの先生がいらっしゃらない日ですので、一週間で教えていただいたことを自分たちでおさらいしています。男女がペアで踊るパレハ、男子の踊りの振り付けは一通り完成しました。これから細部の完成度を高めていきます。女子は今年は「ダンサ・デ・ラ・ボテージャ」(ボトルを頭にのせての踊り)に挑戦します。普段から体の軸をしっかりと立てて動くことを意識しましょう。

小学1年生 国語

小学1年生が国語科の「話す・聞く」の学習でお店屋さんごっこをしました。上級生にお客さんとして来てもらい、「場に応じた丁寧な言葉遣い」でやり取りをしました。どのお店も品物は完売。一生懸命作った甲斐がありました。たくさんお話しができました。

合同道徳

今週から道徳の授業は学年の枠を超えて複数学年による「合同道徳」を行います。人数が少ない中でも多様な考え方や感じ方を交流し合うことで、新学習指導要領が示す「考え、議論する道徳」を目指します。今日は各学級で積極的に自分の考えを相手に伝えたり、聞いたりする姿が見られました。

小学部5,6年生 図工

小学5,6年生は図工で版画に取り組んでいます。今日は自分が画いた生き物を削りだし、版木を作る学習でした。初めて電動のこぎりを使う5年生に6年生が優しくアドバイスをしていました。完成した版画は学習発表会でお披露目する予定です。お楽しみに。

中学部中間テスト

中学部の2学期中間テストが今日から始まりました。これまでの学習の成果をしっかりと発揮してほしいです。小学部の児童も、教室移動の際には忍者のように忍び足で歩くなど、全校で応援しています。がんばれ中学生!

ダンサの練習

体育の時間にダンサの練習を行いました。今日は講師の先生がいらっしゃらない日でしたので、昨日までに習った踊りを復習しました。現在は「パレハ」という、男女ペアで踊る曲の練習をしています。今年度は男女が同数になりますので、子どもたちだけでペアを組みます。ペアの組み合わせも決まり、これから二人の呼吸を合わせていきます。練習、がんばりましょう。

小学部1,2年生 生活科

小学部の1,2年生が生活科で育てた野菜を使っておにぎり(おにぎらず)とお味噌汁を作りました。いつもお世話になっている先生方に感謝の気持ちを書いたお手紙と一緒に届けました。お弁当の時間には上級生のお兄さん、お姉さんにも食べてもらい、喜んでもらいました。説明から片付けまで、しっかりと自分たちで行うことができました。