5年生 お米の学習

小学部5年生は社会科の学習でお米について学んできました。今日は学習のまとめとして自力で精米したお米を調理し、みんなにご馳走してくれました。日本から遠く離れたパラグアイでも日本米を食べられるありがたみを感じながら、みんなでおいしくいただきました。    

広告

七夕会、おわかれ会

児童生徒会主催で「七夕会」と「おわかれ会」を行いました。中学部3年のSさんが今日で日本人学校を去ることになりました。Sさんは約5年間日本人学校に在籍し、日本人学校の素晴らしい伝統を引き継ぎ、次へと繋いでくれました。みんなにとって、とても頼りになる、優しいお兄さんでした。日本に帰ってもきっと誰からも頼りにされる、素晴らしい中学校生活をおくることと思います。Sさん、今までありがとう。日本でまた会いましょう!

清掃活動

アスンシオン日本人学校では日本国内の学校と同じように毎日「清掃活動」をしています。日本の学校では当たり前に行われる清掃活動ですが、児童生徒が自ら清掃を行うということは、他の国々から見るととても珍しいことだそうです。ぞうきんを絞る力、段取り良く作業をする力、時間内に終わるよう見通しを持つ力、教室や物への感謝の気持ち・・・。考えてみると、清掃活動を通して実にたくさんの資質や能力が育まれていることが分かります。世界の人々が日本を訪れた際に「町がきれい」という感想を持つことは良く知られていますが、学校での「清掃活動」が大きな役割を担っているのではないかと考えます。少ない人数のため一人一人の分担が多くなりますが、みんな毎日よくがんばっています!

朝会スピーチ

今週の朝会スピーチは6年生のSさんが担当しました。Sさんは趣味の「乗馬」について話しました。道具の名前や馬と接するときの注意など、大人でも初めて知ることがたくさんありました。クイズや画像、動画を取り入れた、しっかりと準備された素晴らしいスピーチでした。

全校音楽

運動会が終わってほっと一息といったところですが、次の大きな学校行事、移動教室への取組がすでに始まっています。6月の移動教室では現地の小学校と交流活動を予定しているのですが、そこで合唱、合奏、ハンドベル演奏を披露する予定です。小学1年生から中学3年生までが息を合わせて演奏することを目指します。本番に向け、これから練習を重ねていきます。

トルメンタの傷跡

先週土曜日にトルメンタがアスンシオン市内を襲いました。市内各地で停電や雨漏りの被害が出ました。学校は休業日でしたが、大きなハカランダの木が倒れるなど、学校敷地内も酷い荒れようでした。早速業者にお願いして危険な木を伐採してもらいましたが、しばらくは倒木の付近には近づかないよう指導しました。朝の活動は予定を変更して、教室や廊下の清掃を行いました。

ソーラン節特訓

運動会に向け、ソーラン節の練習に熱が入ってきました。朝休みや休み時間に練習、個別に練習…。体育の時間には新調して頂いた法被を着て練習しました。本番まであと10日余り。ラストスパートだ!

英会話の授業

アスンシオン日本人学校では小学1年生から中学3年生まで「英会話」の授業を週に2時間(小5,6年は1時間)行なっています。先生はネイティブスピーカーのエルナン先生です。授業中は全て英語で会話します。各学年の授業を観ていて面白いのは、プリントなどを読むときに多くの子が「スペイン語読み」になってしまうこと。子供たちの適応力に感心します。

小学部1,2年生 生活科

小学部の1,2年生が生活科の時間に畑に植える野菜のタネを買いに出かけました。店員さんが日本語を勉強されている方だったので、日本語とスペイン語を混ぜて接客してくださいました。これから畑でいろいろな野菜を育てるのが楽しみです。帰りには途中の公園でちょっと休憩して遊んできました。

前期児童生徒会総会

平成29年度前期の児童生徒会総会を行いました。今年度は中学生、小学校高学年の児童生徒が少ないため、昨年度までの組織を一部変更して活動がスタートしました。一人一人の「学校をより良くしたい」という願いが実現できるよう、みんなで力を合わせていきましょう!